近づくハロウィン

  • 2018.10.26 Friday
  • 21:19

ちょっくら時間が無くて、なかなかブログを

書けないうちに、ハロウィンがもう目の前まで

やってきていますね。

 

この半月、お菓子を全然作れていませんが、

街中ハロウィンに備えてかぼちゃのお菓子が

溢れています。

 

可愛かったので、私もついつい購入しちゃいました

はらドーナツのハロウイン用のドーナツ

私は、かぼちゃでしたが、他に、紫芋とココナッツがあり、

紫色と白いおばけの顔をしたドーナツがセットに

なっていました。

 

ハロウィンのカボチャは今や定番になっていますが、

実は、あのランタンの元祖はかぶなんですよ!

まぁ、かぶでは、なかなかお菓子にしにくいので、

かぼちゃになって正解だったかもしれませんが・・・

 

街中にぎわうハロウィンまであと少し。

皆さんも楽しい日をお過ごしください。

 

 

キラキラ

  • 2018.10.15 Monday
  • 10:15

こんな風に涼しくなる少し前、

今月、久しぶりに編み物教室を開催いたしました。

 

これからはニットの季節がやってきますね☆

 

編み物教室の時、カリッとあがった海老の天ぷらが入った

天むすを作ってきてくださったので、

私は、たまたまですが、さっぱりとした

「オーギョーチ風ゼリー」を準備していました。

これだけそろうとキラキラしてきれい

教室でも、このゼリー人気でした。

レモンシロップをかけて食べるこのゼリーは、

ツルッと爽やかな喉越しです。

 

揚げ物にもさっぱりと合うこのゼリーを

作っておいてよかったです。

 

天むすもめっちゃ美味しかった☆

いつもごちそうさまです。

 

 

ステラおばさん気分♪

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 09:57

プレゼント用にココナッツクッキー(コンゴレ)と

フロランタンを焼きました。

 

お菓子の中で、クッキー作ってる時間が一番好き

 

家中に広がる香りと、

焼きあがったあとの端っこの味見

ラッピング・・・

すべての時間が幸せタイム

 

きっと、ステラおばさんはこんな気分で

仕事を始めたに違いない・・・と、

勝手に想像してしまいます。

 

両方とも大好きなクッキー。

フロランタンをカットするのは、なかなか

難しかったりしますが・・・

上手にカットする方法は、

焼きあがって、キャラメルが手にくっつかないくらいに

粗熱がとれたら、クッキングシートをかぶせ、

まだ温かさが残る生地を裏返して、

波刃の包丁でコキコキ細かく手を動かすと

案外きれいにカットできます。

 

幸せな香りに包まれて、

プレゼントするほうの私が幸せな気持ちになる

っていう2度おいしいお菓子ですね

 

喜んでもらえたら嬉しいな

 

 

 

 

さっぱり

  • 2018.09.07 Friday
  • 12:08

北海道の地震災害に遭われた方々、

謹んでお見舞い申し上げます。

皆様が、平穏な日を一日でも早く過ごせるように

心よりお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さてさて、今期のスイーツクラスで行っているレッスンは

世界のお菓子いろいろです。

お菓子で世界旅行しよう!を目標にこのシリーズは、

来年の3月まで続きます。

 

7月に行ったアジアンスイーツに

ご参加いただけなかった生徒さんの振り替えレッスンを

8月の終わりの一瞬、暑さの和らいだ日に行いました。

 

「オーギョーチ風ゼリーとダダールグルーン」

実は、オーギョーチとは植物の種子を乾燥させたものを

水でもみながら戻すとゼリーのようになるといった

画期的な台湾スイーツで、中華料理屋さんなどにございます。

このゼリーのようなものには、さほど味はなく、レモンシロップを

かけて食べるのが一般的。

油っこいものを食べたあとでもさっぱりと

お召し上がりいただけます。

とはいえ、この種子を国内ではなかなか入手しづらいので、

透明度の高いアガーを使って、かなり近いものを再現いたしました。

暑い日には最高のさっぱりデザート。

なかなか美味しいですよ。

 

そして、ダダールグルーンは、聴きなれない言葉かもしれませんが、

インドネシアバリ島のお菓子で、薄い甘くないクレープに

ココナッツとココナッツシュガーを合わせたものを

巻いて食べるお菓子です。

バリ島では、バンダンという植物のエッセンスで

緑色にするのが主流で、スポンジからお餅のようなお菓子から、

いろんなものが緑色をしています。

残念ながら、こちらも国内では入手困難なため、

色粉で色をつけました。

 

ココナッツを使用すると一気に海外の味になるのが

不思議ですね。

この具材、パン生地にドライフルーツと一緒に

入れても美味しそう!

と、また新たにひらめいてしまいました。

 

海外のお菓子は、素朴なものが多いけど、

ちょっとのことで、新たな発見もあるため、

とても勉強になると思います。

 

生徒さんもとても喜ばれ、ご自宅でも作られたそうです。

こういうお話をお聞きすると、とても嬉しくなりますね。

 

9月はトルコの旅をご案内しています。

こちらもぜひ、お試しください。

 

Petit-Bonheur

 

 

 

 

 

お裾分け☆

  • 2018.08.24 Friday
  • 14:59

1/3のプルーンのコンポートを

使って、レアチーズケーキを作ったので、

プルーンをいただいた方にお裾分け・・・

というか、形を変えて還元しました

うちのはホールのままで

本来なら上にかけるシュトロイゼル(クランブル)を

土台にして、レアチーズと赤ワインで煮たコンポートの汁を

ゼリーにして、コンポートを刻んでクラッシュさせたものを

のせました。

 

思いつきで作ったわりには、美味しいです

でも、大人味だから、子供は食べないけど・・・

 

コンポートの煮汁も使えるエコスイーツ

レシピ書き留めておけばよかったかな?

思いつきなので、もう同じものは作れないかもしれない

ですね・・・

 

気に入っていただけたら、うれしいけど・・・

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM