新時代、最初のケーキ☆

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 14:26

長い長い10連休はどのようにお過ごしでしたか?

こんなに長かったら、海外旅行とか

行く方にはありがたいけれど、そうでない方には、

今日から学校や仕事へ行くのが、ちょっと辛くなりそうな

毎日どうしたらいいかわからないくらいのお休みでしたね。

 

・・・といっても、

私は、ほぼ仕事だったので、

遠出をすることも、何かのイベントに参加することも

なかったのですが・・・

 

とりあえず、新しい時代「令和」になったその日に

近くに出来たパン屋さんで、小ぶりな本格的ケーキを

売っていたので購入し、ママちゃんと分け合って、

家でテレビを見ながらお祝いしました。

 

奥は、ブラッドオレンジのタルトレットに

ムースがのっているもの。

手前はレモンとチョコレートのムース

 

どちらも柑橘系だけど、全然違います。

 

あっという間になくなってしまうけれど、

ブラッドオレンジのほうは、ものすごくジューシーで

美味しかったし、レモンのほうはこの小さなケーキの中に、

ギュッと詰まっている感じがちゃんとあって、

存在感のある手の込んだケーキでした。

 

パンも購入したけど、焼きたてだったこともあり、

即食べてしまったので、写真はありません。

「粉の味がしっかりする」というよりは、

「軽くて、日本人が好みな味だろうな」と思える

パンでした。

美味しかったですが、軽いので何個でも食べられてしまいそうな

危険な感じはありました。

 

初めて入ったけど、なかなかいいところが

近くに出来てよかったです。

 

ココに来れば、パンもケーキも、チョコレートも、ディップも

買えてしまうので、すごく便利だし、イートインもあって、

美味しいから、また行こうって思えるので・・・

 

令和第1号のケーキは、自分で作ったモノでは

無かったけれど、大好きな柑橘系でありました

・・・とさっ。

 

 

 

 

 

 

またやってしまった(汗)

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 15:35

一年に1度は絶対に作りたくなるマドレーヌ

何度も、何度も作ってきて、

ものすごくきれいに焼けました。

なのに、食べたらびっくり!!

また、砂糖いれ忘れてしまいました(汗)

 

「えぇぇぇ、すごいきれいに焼けたのにぃ」

仕方なく、ジャムや練乳つけて食べました。

これはこれで、おいしかったのですが、

想像するマドレーヌではありません。

 

前日、離型剤をつけて焼いてみたのですが、

きれいに型からはがれず、見た目ボロボロ。

翌朝、作り直しは砂糖を入れ忘れ、

「何回失敗するんだ、私!!!」って

思っていたけれど、こうなったら

成功する作品をどうしても見たくなって、

もう一度作り直しました。

 

やっと、理にかなうものができて、よかったけど、

何十年とお菓子を作ってきているのに、

砂糖を入れ忘れるっていう失敗が一番多いんですよね。

 

教室の時は、全て計量してから作るので、そんなことないけど、

ひとりだと、計量しながら作り、焼きながら片付ける。

という、すべてがながら作業だからいけないんですけどね。

 

やっぱり、自分で作ったマドレーヌが一番好き。

皆さんは、次の日のバターが馴染んだ物がお好みみたいだけど、

私は、案外焼きたての、あんまりバターが馴染んでない、

外はサクッと中しっとり・・・

みたいな方が好きなのかも

 

 

たったの2週間

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 20:27

少し前にフレッシュのブラッドオレンジを発見

とりあえず、2袋買い、ジャムを作りました。

きれいな色〜

しかも、水分たっぷりで、みずみずしいジャムになりました。

私は、マーマレードでも皮がたっぷり入っているものは

苦手なので、白いところは全て取り除き、

細くスライスしたものを少し加えて作るタイプなので、

あんなに買ったのに、たいした量は作れません。

結局、自宅用1本作ったら、おしまい。

 

また買おうと思ったら、今度はもうブラッドオレンジが

販売していませんでした。

たったの2週間で、販売終了なんです。

 

めっちゃ美味しいのに、世に出まわる時期が本当に

短いです。

杏もそうなので、そのタイミングを見逃さないように

しないとなぁ・・・

 

最近の朝は、いつもより楽しみです。

けれど、このペースで食べると、きっと

「あっ」という間にお楽しみもなくなりそうですね。

たくさん作ってきたジャムのなかで、

もしかしたら、一番好きかもしれません。

 

来年は、もっともっと購入しなくちゃ。

 

 

アプリコットジャムもいいわぁ

  • 2019.03.29 Friday
  • 14:38

スウェーデンのフィーカという

お茶タイムに使われるクッキー、

「ハロングロットル」

意味は、ラズベリーの洞窟という意味なのですが・・・

 

ん〜、「ラズベリージャムが無い!」

 

っと言うわけで、名前はかわりますが、

アプリコットジャムを

使用して作ってみました。

 

酸味もあって、おいしい☆

オレンジ色が卵の黄身みたいにみえるから、

目玉焼きみたいです。

 

ショートブレッドのようなこの生地に

このジャムなかなか合いますね

 

コーヒータイムにこのクッキー。

スウェーデンには素敵な時間があって、

いいですね。

 

日本も是非、「フィーカ」を取り入れて、

のんびりとした時間をすごしてみたほうが

いいのになぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

そういわれれば、お初でした。

  • 2019.03.27 Wednesday
  • 15:31

もう、何年もの間、編み物教室を開催しているの

ですが、教えてくださる先生は、毎月山梨から

いらっしゃるので、1月・2月は雪が降ってしまうため

お休みになってしまうので、今月は

久しぶりの開催でした。

 

私は、編み物はまっすぐ、ひたすらまっすぐ・・・

これしかできないので、マフラーしか編めません。

なので、習わず、皆さんにお菓子をご提供しています。

 

今月のお菓子は「スコーン」です

こちらは、プレーンなので、自家製アプリコットジャムを

つけてめしあがっていただきました。

ジャムは作っておいても長持ちするから、

シーズンオフのときにも食べたいジャムが食べられるのが

醍醐味ですね。

 

「抹茶とホワイトチョコレート」も作ってみました。

こちらは、配合を変え、何もつけなくても甘いので、

おやつとして・・・

 

もう何年もお教室を開催しているのに、

みなさんにスコーンを作ったのは、お初でした。

 

私は、口の中の全ての水分を奪われてしまうような

ボソボソッとしたスコーンが苦手なので、

「パン」まではいかないけれど、割と、しっとりとした

タイプのスコーンを作っています。

今となっては、自分で作るスコーンが一番好きです。

お菓子教室でも人気のあるスコーンでした。

 

みなさんのスコーンに対するイメージがほんの少し

変わったかもしれません。

焼きたてだったこともあり、

「おいしい!おいしい!」と言って、

みなさん、残さずお召し上がりいただきました。

この瞬間が一番うれしいです。

 

スコーンって、通常は丸い形ですが、四角く切って、

角とか足りない部分のみ貼り付けて、

焼いたので、キューブ型じゃないものもありますが、

これはこれで、コロンとしていてかわいらしいです。

 

抹茶とホワイトチョコレートは、

お菓子教室でもやっていないので、

今回が初披露となりました。

なのに、途中で材料がほんの少し足りなくなって

しまいましたが、なんとか自分の思っている味に

近づけてよかったです。

 

みなさんに気に入っていただけてよかったです。

 

また違う味でスコーン作ろう。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM