なつかしぃ〜

  • 2019.04.13 Saturday
  • 18:02

用事があって、蒲田へ行きました。

 

今から思えば、10代、20代の頃、待ち合わせといったら、

原宿・渋谷よりも、かなりの確立で蒲田だったのです。

 

その頃から、今でもずっと続いている友達を

呼び出して、当時、良く行っていた

喫茶店「和蘭豆」がまだあるというので

行ってみました。

 

なつかしぃ〜〜〜〜!

 

今のようなおしゃれなカフェではなく、

本当に昔からある喫茶店。

 

残念ながら、当時座っていたころの席ではなく、

初めての席。

 

禁煙席に案内されたはずなのに、

もう、匂いが染み付いているみたいで、

久しぶりに「たばこ臭い」匂いとともに、

あの懐かしいカフェオレを注文しました。

 

といっても、珈琲がおいしいと思い始めたのは

随分と大人になってからなので、

当時はきっと、他のものを頼んでいた気がしますが、

その当時、ちょっと大人っぽい友達が頼んでいたのを思い出し、

注文してみたといったほうが合っているかもしれません。

 

このお店は、この泡を作るのに、ホイッパーや、

マシンなどは一切使用しません。

 

お客さんの目の前で、高い位置から、珈琲とミルクを

勢いのある速度で、注ぎ淹れると最後にはこうなっている

という「オォ〜」となる淹れ方なんです。

今もなお受け継がれていたなんて驚きです。

 

一緒にいた友達は、「レモンスカッシュ」

これもまた、みなさんが想像する缶詰の妙に赤いチェリーが

入って、懐かしい感じ。

 

染み付いたたばこの臭いが気になって、

あんまり長くは居られなかったけど、

間違いなく、私たちはタイムスリップできました。

 

「なつかしい!」

この一言につきるけれど、

この一言では語れない思いが

このお店には詰まっていました。

 

いろいろ語ったあの日のこと、

一緒に過ごした友達との時間、

ものすごく思い出します。

 

大人になって、そんな時間を過ごせたことは、

美味しいものを食べた以上に

満腹になる時間でした。

 

言うならば、ここが私の「カフェ好き人生」の

大切なスタートラインだったのかもしれません。

また、原点に戻りたくなったら、

ここへ来れたらいいな・・・

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM